Web集客でお困りなら【s-stager】にお任せください

作って終わりのサイト制作は無意味

どうも、こんにちは。
友太郎(@yutarou_sakai)です。

ホームページやコーポレートサイトなど、たくさんのサイト制作案件に携わらせていただいていますが、常々思うのが「作って終わりのサイト制作は無意味」ということです。

制作者側はしっかりと、サイト制作の目的を意識しないといけないですね。

サイトはただの箱

サイトは作っただけではただの箱です。

中に色々と情報を入れることができますが、この箱自体が集客をしてくれるわけではありません。
そのため、制作と集客はセットで考える必要があります。

サイトが見られる努力をしないと、ポンっとそこにあるだけ。

せっかく10万円以上のお金を使って作ったのに、誰にも見られることがないサイトになってしまうことは非常に多いです。

そのため、多くの企業がWebマーケティング施策(SEO対策、Web広告、SNS、YouTubeなど)に力を入れてたくさんのお金をかけています。それだけ重要なことだということですね。

このことに気づいていないWeb制作者は、サイトを作ることだけで終わってしまいます。むしろ、その後のWebマーケティングの方がウエイトが大きいので、そこまで巻き取れるようにスキルアップした方が総合的に単価が上がります。

クライアントさんも業者を新たに見つける必要がないので、Webマーケティングまでサポートしてくれた方が喜んでいただけることが多いです。

Webマーケティングを学ぶことで、マーケティング視点からサイトの提案ができるようになるので、結果として満足度も上がります。

必要なのは集客だけではない

残念ながら、集客だけすればいいというわけでもないです。

集客したら、その人たちに「狙った行動をしてもらう」ことが非常に重要です。

例えばこんな感じ。

  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • 商品購入
  • ご予約

上記のアクションしてもらうことが、本来のサイトの目的のはず。

もちろん「名刺のため」ということもありますが、多くは売り上げにつながるアクションを求めています。アクションをうながすための、デザインやコピーなどを適切に使ってサイトが作れるようになれば、高単価のサイト制作をすることも可能です。

サイト制作の目的を考えることで、もっとクライアントさんに提供できる価値が増え、報酬としてあなたに帰ってきます。

クライアントさんのビジネスに貢献する

これまでお伝えした「サイト制作×Webマーケティング」を使えば、サイト制作だけを行っていた時よりも嬉しいことがあります。

それは、クライアントさんのビジネスに貢献できるということ。

「サイトからのお問い合わせが増えました!」
「作ってもらったLPのおかげで売り上げが上がりました!」

このようなご報告をいただくたびに、めちゃめちゃテンションが上がります。

もちろん報酬をいただくことは嬉しいですが、それ以上に自分が作ったサイトやLPが誰かの役に立ったという喜びは大きいです。

一口にサイト制作と言ってもさまざまな働き方がありますが、もしクライアントワークをすることが多いのならWEBマーケティングを取り入れてみましょう。

視野が広がりますよ。