公式LINEでは未経験からWebスキルを身につける方法を配信しています

発信の浅さ。順番が大切

どうも、こんにちは。
友太郎(@yutarou_sakai)です。

ぼくはこのブログを始め、TwitterやInstagramで細々と発信をしています。

最近この「発信内容」について考えることがあったので、このブログに残すことにしました。

発信の浅さ

「有益なことを発信しましょう」

この言葉はよく聞きます。

「これから発信活動を始めよう!!」と色々な情報を集めている人は、TwitterやYouTubeで聞いたことがあるのではないでしょうか?

たしかに、有益な情報というのは、受け手にとっては有難く、ぼく自身もTwitterやYouTubeを情報源としています。

しかし、有益な情報を発信しようとするあまり、「浅い発信」になってしまっている人がチラホラいるなと。これは昔のぼくも当てはまると思います。

なぜ「浅い発信」になってしまうのか。

経験から発信していない

「経験」から生まれる発信は、「有益」なことが多いです。

  • 挑戦したけど失敗したこと
  • 試行錯誤して上手くいった方法

上記のようなことを「知りたい!」と思う人は多いはず。

しかし、自分が経験していないようなことを発信しようとすると、どうしても浅いことしか言えず、浅い発信にとどまります。

自分のフィルターを通していない

本を読んで知ったことや、誰かから聞いたこと。

このような情報をそのまま、右から左に流してもどこか浅い発信になってしまう。

なぜなら、「あなたじゃなくてもいいから」です。

自分が得た情報を、あなたのフィルターに通すことで、あなたにしかできない発信になります。

自分のフィルターを通す発信の方法の一つが「他業種の情報を、咀嚼して、抽象化して、自分の業種・業界に転用する」です。

順番が大切

基本的に発信の順番は

「結果が出る→発信する」

かなと。

ここで言う結果というのは、成功でなくてOKです。

とにかく、まずは自分がやってみる。その後、それについて発信をする。

これが中身のある発信になるかなと。

ちなみに、「結果が出る→発信する」の速度感は自由です。

つまり、成長過程でもOK。むしろ、現実味があって、一番人数が多い層にアプローチできるのでとても良い発信方法だと思います。

まずはオフラインで結果を出す

とにもかくにも、まずはオフラインで結果を出しましょう。

何もしていない、動いていない、結果を出していない。

そんな人が偉そうにTwitterで「○○すべき」とか言ってもまったく説得力がありません。

これは発信以外にも言えます。

例えば、Webマーケが得意なら自分のメディアや商品を作って、そのマーケティングを頑張った方が良いはずなんですよね。(一概には言えませんが)

自分のメディアを伸ばした。自分の商品をたくさん売った。

これが本当のWebマーケの実績ではないかと。

まずは、焦らずにしっかりと結果を出すことに集中をして、その後にそこで得た経験や知見を発信する。

最近のぼくはそんなことを意識して、活動しています。