マーケティングを学んだエンジニアが最強な3つの理由

エンジニアがマーケティングを学ぶ意味ってある?エンジニアがマーケティングを学ぶとどんなメリットがあるの?エンジニアはマーケティングをどうやって学べばいい?

そんな疑問を解決する記事を書きました。

どうも、こんにちは。
友太郎(@yutarou_sakai)です。

ぼくは現役のエンジニア兼マーケターです。

この記事で分かること
  • エンジニアがマーケティングを学ぶ意味が分かる
  • エンジニアがマーケティングを学ぶべき理由が分かる
  • エンジニアができるマーケティングの学び方が分かる

現在、エンジニアとして受託業務をしながらも、マーケターとしてWebサービスや実店舗集客のコンサルティングもしています。

最近は新しいサービス開発を計画しており、コツコツ準備中な感じです。

そんな中で、エンジニアがマーケティングを学ぶべき理由がたくさん分かってきました。ひかえめに言って、マーケティングを学んだエンジニアは最強だなと。

この記事では、「エンジニアがマーケティングを学ぶべき理由」を具体的に解説しますので、「あ、これは自分もやるべきだな」と感じたら、さっそく今日から学習をはじめましょう!

エンジニアがマーケティングを学ぶ意味

エンジニアはマーケティングを学ぶべきです。

なぜなら、現代では「良い物」だけでなく「便利なサービス」がたくさんあります。つまり、ちゃんと普及させようとするのなら便利なサービスを作るだけでなく、適切にメリットを伝えて届ける努力をする必要があるからです。

たとえば、ぼくが通っていたプログラミングスクールは先生は、非常に高いレベルのプログラミングスキルがありました。しかし、サービスを広めたり、マネジメントをしたり、経営をしたりなどの、プログラミング以外の大切なスキルが欠けていたので倒産しました。

また、エンジニアでありがちなのが、技術がすべてだと考えてしまうことがあります。「技術ファースト的」な考え方ですね。

しかし、実際に大切なのは「ユーザーファースト」です。ユーザーは「最新のスキルを使うこと」を求めているのではなく、「使いやすいサービス」を求めています。マーケティングを学ぶことでユーザーファーストが大切だということが分かるので、開発するプロダクトの質がかなり変わってくるでしょう。

たしかに、受注開発だけならマーケティングは必要がないかもしれないです。しかし、マーケティングを知っていれば、さらに経営側に商流を上げることができ、収入を増やすことができるメリットもあります。

  • サービスを開発したい
  • 商流を上げたい
  • エンジニアのスキルを他の分野でも活かしたい

そんな思いのあるエンジニアは、マーケティングを学ぶべきです。

エンジニアがマーケティングを学ぶべき3つの理由

エンジニアがマーケティングを学ぶべき理由は3つあります。

  1. 自分でサービスを開発できる
  2. マーケティングツールを使うハードルが低い
  3. スキルのかけ合わせで市場価値が爆上がりする

順番に見ていきます。

自分でサービスを開発できる

エンジニアは自分でWebサイトやWebサービスを開発することができます。

これがマーケティングを学ぶ上で、めちゃめちゃアドバンテージなのです。

Webを使ってマーケティングを学ぶのがとてもおすすめなのですが、エンジニアはWebサイト・サービスを用意するハードルがめちゃめちゃ低いので学習しやすい状況です。

また、マーケティングを学んだあとに、実際に新規サービスを開発し集客・販売をすることで収益を上げることができます。おそらく、マーケティング要素を取り入れることで、質もよくユーザー満足度が高いサービス開発ができるはずです。

SaaSなんかはサブスクで安定収入になりやすいので、サービス開発ができるマーケターは最強なのですね。

マーケティングツールを使うハードルが低い

マーケティングをする上で、MAツールと呼ばれるツールを使うことがよくあります。

おそらく、エンジニアは上記ツイートの考え方を全員が持っているはず。つまり、「分からないことはググればOK」というマインド。

このマインドを持っていると知らないことに取り組む姿勢が全然違うので、新しいマーケティングツールを使うハードルが低く、効率的なマーケティングを行うことができるのです。

エンジニアとして活動してきた中で培ってきたマインドが、新しい分野でも活かされます。

スキルのかけ合わせで市場価値が爆上がりする

「100人に1人レベル」のスキルを2つ掛け合わせると、「1万人に1人レベル」のスキルになる。

この考え方を聞いたことがあるでしょうか?

プログラミングの流行でエンジニアの数が増えてきて(それでも少ないですが)徐々に競争率が上がってきました。そのままプログラミングで戦うのもいいですが、他のスキルを掛け合わせて土俵をズラして戦うと勝ちやすくなります。

エンジニアって「技術が好きで、休みの日もコードを書いています」みたいなプログラミングオタク(褒めています) と戦わないといけないので、かなりハードです。

しかし、マーケティングなどのスキルと掛け合わせて「別種類の人材」になることで市場価値が上がり、競合しなくなります。

マーケティングの話ができるエンジニアは少ないので、自然と商流が上がり、それに連れて収入も上がっていきます。

エンジニアができるマーケティングの学び方

エンジニアはスキルを活かして、実践形式でマーケティングを学んでいきましょう。

マーケティングは座学だけでは絶対に習得できません。

これはエンジニアのあなたなら分かるはず。新しい言語やフレームワークのドキュメントを見ながら、実際に手を動かして学ぶのと同じなのです。

具体的な方法としては、エンジニアは自分でサイトやサービスを作れるので、簡単なWebサイトを作り、アクセスを集めたり販売したりする練習をするのが一番いいです。

また、エンジニアが得意な「論理的思考」も存分に活かすことができます。

しかし、相手はコンピューターではなく「人」なので、「AをすればBになる」が必ずしも当てはまるわけではありません。だからこと、実践を重ねて知見を貯めていくのです。

マーケティングの知識面はサクッと先人の知恵を借りて、成長スピードを早めるのもありです。

ブログ・メディアを通した実践的なマーケティング学習なら現代の最強スキルフリーランスWebマーケターコースがおすすめです。

また、マーケティングの案件獲得などをしつつWebマーケターとしても活動していきたいのなら時給300円だった僕が時給3万円WEBマーケターに変われた秘密【案件獲得~実務までの完全講義】が実体験ベースで学ぶことができ非常に勉強になります。

上記のような教材も活用しつつ、エンジニアは自分のスキルを使って実践していきましょう。

まとめ

1.エンジニアがマーケティングを学ぶ意味
物だけでなく便利なサービスはたくさんある。つまり、便利なサービスを作るだけでなく、適切にメリットを伝えて届ける努力をする必要がある。マーケティングが分かっていれば開発段階から設計ができ、ユーザーファーストなサービスを作りやすい

2.エンジニアがマーケティングを学ぶメリット
・自分でサービスを開発できる
・マーケティングツールを使うハードルが低い
・スキルのかけ合わせで市場価値が爆上がりする

3.エンジニアができるマーケティングの学び方
エンジニアは自分でサイトやサービスを作れるので、簡単なWebサイトを作り、アクセスを集める練習をするのが一番いい。

この記事ではエンジニアがマーケティングを学ぶべき理由を解説しました。

エンジニアはマーケターがほしいスキルをもっています。

マーケターがプログラミングを学ぶよりも、エンジニアがマーケティングを学ぶ方がスムーズです。なぜなら、マーケティングを実践的に学ぶための環境を自分で作ることができるからですね。

自分が作ったサービスが世に出て、たくさんの方が使ってくれるのは非常に嬉しく、まるでリアルシミュレーションゲームをやっているようで楽しいです。

実際にお金が返ってくるので、ゲームよりもいいかもです笑

そんな感じでエンジニアがマーケティングを学ぶメリットはたくさんあります。ぜひマーケティングの学習をはじめてみてください!

ブログ・メディアを通した実践的なマーケティング学習なら現代の最強スキルフリーランスWebマーケターコースがおすすめ

マーケティングの案件獲得などをしつつWebマーケターとしても活動していきたいのなら時給300円だった僕が時給3万円WEBマーケターに変われた秘密【案件獲得~実務までの完全講義】が実体験ベースで学ぶことができ非常に勉強になります