おもむろに個人開発日記をはじめました【個人開発日記:1-1】

どうも、こんにちは。
友太郎(@yutarou_sakai)です。

個人開発でサービスリリースをしたいなと思いました。

もうすでに行動しはじめているのですが、まだまだ序盤ですので個人開発の様子を日記形式で不定期更新していきます。

今回は「個人開発をするにいたった経緯」と「個人開発日記を行う理由」について軽くふれていきます。

個人開発をするにいたった経緯

個人開発をする理由はこちら

  • 今使っているとあるサービスの使用料を無くしたい
  • Web開発案件レベルまでスキルアップしたい
  • 自社サービスをリリースしてサブスクビジネスをしてみたい
  • 個人開発サービスをポートフォリオに案件受注したい

「おれのサービスで世の中を変えてやるぜ!!」みたいなビックな目標はなく、己の欲望のために個人開発に挑戦します。

すんません。

それぞれの理由についてもう少し詳しく。

今使っているとあるサービスの使用料を無くしたい

ぼくは現在、web-stageというオンラインコースを運営しており、そこでteachableというオンラインスクール・プラットフォームを利用しています。

機能は豊富なのでおおむね満足なのですが、基本は英語で日本語の情報が少なく、ログインの仕様とかが絶妙に使いづらいなと感じていました。

さらに、アフィリエイトの利用がしたかったので、12,000~13,000円のプロプランを契約しています。

個人開発で自社サービスを開発することで、絶妙な使いづらさの改善と、月額費用の削減をしたいと考えました。

Web開発案件レベルまでスキルアップしたい

おもに、WordPress×Elementorを使用してWeb制作の案件を受注させていただいています。

今後、より大きな案件としてWebアプリ開発のお仕事もしたいなと考えるようになりました。

現在のぼくのスキルはこんな感じ

  • HTML/CSS:下の中
  • JS:下の下
  • jQuery:下の下
  • PHP:下の下
  • Laravel:下の下
  • MySQL:下の下

ちゃんと他のエンジニアさんと比べたことがないので正確ではないですが、おそらくこの程度。某プログラミングスクールでLaravelを学んだので、CRUD処理や基本的なWebの概念は分かっています。

たぶん、未経験の方でも3ヶ月ぐらいで達成できるレベルなので、そこまでアドバンテージは無いかなと。

この状態から、個人開発を通してWeb開発案件が納品できるレベルまで、スキルアップしたいと思っています。

自社サービスをリリースしてサブスクビジネスをしてみたい

web-stageは単発販売のモデルを採用しています。ここにはたくさんの理由があるのですが、サブスクは採用しませんでした。

個人的にサブスクはツール・サービス系が適しているなと考えているので、自社サービスをリリースすることでサブスクビジネスに挑戦してみたいと考えています。

今後のおおまかなスケジュールは別の記事にするつもりですが、自分で使うためのオンラインコースプラットフォームを開発したあと、SaaS化してリリースしようと考えています。

SaaSのマーケティングを少し学習したのですが、めちゃめちゃおもしろそうで実践がとても楽しみです。

個人開発サービスをポートフォリオに案件受注したい

先ほど、Web開発案件もやっていきたいと述べました。

そのためには「自分のスキルレベルを可視化できるもの」が必要で、いわゆるポートフォリオとなるものを用意しないといけません。

スクールの課題であったり、ポートフォリオのために何かサービスを作る方がほとんどだと思います。だからこそ、「ポートフォリオはどのレベルまで作り込むか」という議論が生まれます。

しかし、ぼくは「自分が使いたいサービスを作り、SaaS化して自社サービスをリリースすること」が最大の目的です。自然と「実際に誰かがお金を支払って利用してるサービスを開発した」という最強の実績を作ることができます。

個人開発をすることで、「サービスから得られる(かもしれない)収入+受託開発」という複数のメリットを狙っています。

個人開発日記を行う理由

個人開発をする理由はつらつらと書きました。

次にわざわざ個人開発日記を書く意味です。

ぼくの経験がだれかのサポートになってほしい

個人開発や自社サービス(自社って言ってますけど個人も含みます)をリリースして、完全に自分の裁量で仕事をしていきたい方は一定数いると思っています。

ぼくもその一人です。

クライアントさんに貢献して「ありがとう」と言われるのも好きなので、100%自社サービスから得る収入にしたい訳ではないですが、収入の柱として確立したいとは考えています。

そんなぼくが実際に個人開発で挑戦する様子を残すことで、だれか一人ぐらいの背中を押し、挑戦のサポートができたらいいなと。

また、マーケティング的なこともちゃんと書いていくつもりです。

サービスは良いのにマーケティングができていないから、だれも使わない、1円も生まないサービスになっちゃうと悲しすぎます。

そんな悲しい事態にならないためにも、マーケティングの成功・失敗を含めて学習することで自分の挑戦に活かしていただけたらなと考えています。

学習記録を残したい

もしかしたら、急に就職したくなるかもしれません。

今はフリーランスとして活動していますが、急に就職したくなったときに、この個人開発日記がぼくの履歴書のような役割を果たしてくれるのではとちょっと思っています。

まぁ、無いよりはあった方がいいかなと笑

何かに繋がったらおもしろそう

これは希望的観測なのですが、ぼくの個人開発日記を読んで「お!こいつおもしろそうだな」と目をつけてもらえたらなと。

スカウト的なのが来たらおもしろいし、何か仕事とかに繋がれば嬉しい。

これと言って狙っているものはありませんので、「何か」に繋がればおもしろそうだと考えています。

次回は未定

てなわけで、個人開発日記【1-1】でした!

次回は未定ですが、わりと書くことがたくさんあるので近日だと思います。

今後は

  • プログラミング学習記録
  • 開発するサービスのこと
  • サービスのマーケティング的なこと

このあたりのテーマが主になってきます。

更新情報はTwitterで行いますのでよかったらフォローお願いします!
≫Twitter