つらいクライアントワークを劇的に改善した4つの方法【自分を守ろう】

クライアントワークがつらいなぁ。。。とはいえ、やめちゃうと収入が無くなるし。この状況を改善する方法はないだろうか?

そんなあなたの悩みを解決します。

どうも、こんにちは。
YUTAROU(@yutarou_sakai)です。

副業やフリーランスでクライアントワークをしていると、色々な大変なことがありますよね。

  • 何度も修正依頼が来てめちゃめちゃ消耗する
  • とにかく値下げ要求をされてしまう
  • 報酬の支払いサイクルがバラバラで生活費がカツカツ

僕は就職する前のフリーランス時代や、就職してからの副業でもクライアントワークでの収入があります。

なんやかんやで3年ぐらいクライアントワーク歴があるのですが、地道に改善をしていき「自分もクライアントさんもWin-Win」なクライアントワークができるようになりました。

このおかげで「クライアントワークで消耗する」ということがなくなり、クライアントさんからも感謝していただけるようになり、とても働きやすい環境を実現できています。

今、「クライアントワークが上手くできず消耗してます。。」という方は、この記事を最後までご覧いただき、つらいく感じてしまっているクライアントワークを劇的に改善しましょう。

クリックできる目次

クライアントワークがつらくなる理由

クライアントワークがつらくなってしまう理由は以下の3つ。

  • 業務量と報酬が見合っていない
  • ルールがしっかりと決まっていない
  • 収入源がクライアントワークしかない

順番に解説します。

業務量と報酬が見合っていない

自分の価値を低く見積もってる人によくあるのが、「業務量と報酬が見合っていない」という原因です。

本当なら1件20万円で受注できる案件を、「そんなに頂くのは。。。」と謙遜し、1件5~10万円で受注してしまう。

もちろん、安く受注してもクライアントさんも自分も満足できるのならまったく問題なしですが、それでつらいと感じてしまうのは本末転倒ですよね。

安く受注してしまう人に多いのが「自分のスキルに自信がない」パターンです。

独学でスキルを身につけてきた人に特に多いので、自分のスキルに自信が持てない人は、少しお金を払ってスクールで体系的に学習するのがおすすめです。

Web系ならスクール代ぐらいは、すぐに回収できます。

参考までに、評判がよくコスパ最強なスクールを共有しておきます。

ルールがしっかりと決まっていない

クライアントさんとルールは決めてますか?

  • 修正は〇〇回まで。それ以上は追加請求
  • メッセージの返答は何時〜何時まで
  • 見積もりの半額を手付金。納品後にもう半額をいただく

上記のような形で自分が絶対にゆずれないことや、仕事をスムーズに進めるために決めておくと良いものを、あらかじめすり合わせておきましょう。

口頭だと言った言わないになってしまうので、メールなどのテキストに残しておくのが重要。

ここのルールがあるかないかは、あなたがクライアントワークをする上でめちゃめちゃ重要になってきますので、絶対に決めておくようにしましょう。

収入源がクライアントワークしかない

フリーランスの方に多いのが「収入源がクライアントワークしかない」という原因。

収入源がクライアントワークしかなければ、どれだけ理不尽なことが起こっても、歯を食いしばって我慢するしかなくなります。

良くも悪くもクライアントワークに依存してしまってる状態ですので、この原因が当てはまる方は絶対に改善しましょう。

次のセクションから、具体的な改善策をご紹介します。

つらいクライアントワークを劇的に改善する4つの方法

つらいクライアントワークを劇的に改善する方法は、以下の4つです。

  1. 複数案件を抱える
  2. 発信からの案件受注で相談される側になる
  3. フリーランス向けの保険に入っておく
  4. 契約書をしっかりと作っておく

順番に解説していきます。

1.複数案件を抱える

ひとつのクライアントワーク案件しか受注していない状態だと、そこに依存してしまいます。

そのため、「複数案件を抱える」もしくは「すぐに次の案件が受注できる」このような状態をめざしましょう。

複数案件を抱えていれば、つらいクライアントワーク案件があれば断って、他の案件で生計を立てることができます。

また、すぐに次の案件が受注できる状態なら、そもそも自分に合わない案件は断ることができます。

共通する目的は、「ひとつの案件に依存しない」。

この状態を実現するためにも、「営業力」がとても大切ですね。

案件受注できる営業方法はこちらの記事にまとめています。

あわせて読みたい
副業初心者でも案件受注できる営業の教科書 これから副業をはじめていきたいけど、案件受注ってどうやったらいいんだろう?副業初心者の自分でもできる営業の方法ってあるのかなぁ そんな悩みを解決する記事を書き...

2.発信からの案件受注で相談される側になる

あらかじめ、自分の仕事に対する考え方や自分のスキルなどを、クライアントさんにあらかじめ知ってもらったうえで案件の相談をしてもらえると、仕事がスムーズに進みます。

僕はブログやTwitterで情報発信をしており、そこから月何件かコンサルなどの相談をいただきます。

ブログ・Twitterを見てくれているクライアントさんは、すでに僕のスキルや考え方を知ったうえで相談してくれているので、商談の際もめちゃめちゃスムーズに話が進みます。

むしろちょっと仲良くなります笑

このような関係構築ができると、クライアントワークは楽しいものに代わります。

とはいえ、ブログ・SNSで案件受注するには少し時間がかかりますので、今うちからちょっとずつ仕込んでおきましょう。

WordPressブログのおすすめサーバーと始め方はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ挑戦してみてください。

あわせて読みたい
【画像で解説】初心者におすすめなWordPressブログ用サーバーと始め方 WordPressでブログを始めたいけどサーバーの契約って難しそう。どのサーバーを選べばいいのかわからないし、誰か丁寧に教えて下さい。。。 そんな方に向けてこの記事を...

3.フリーランス向けの保険に入っておく

クライアントワークをしていて、以下の問題にぶつかることがあります。

  • 納期が遅れ、損害賠償請求を受けた
  • 請求書を発行したのに全然報酬が振り込まれない
  • ケガや病気をして働けなくなった

「まさか自分には」と思うぐらい怖い事例ばかりですが、絶対に自分に起こらないとは言えません。

フリーランスや副業でクライアントワークをするなら、かならず考えておくべきリスクです。

これらのリスク対策をするのにおすすめなのが、FREENANCEというサービスです。

  • 請求書を即日払いしてくれる
  • 無料で登録するだけで、最高5,000万円の損害賠償が付く
  • 万が一、入院してしまっても所得を保障してくれるサービスがある

フリーランスや副業では、できるだけリスクを減らして長期で活動できることを目指すべき。

集中してクライアントワークをしていくためにも、FREENANCEのようなリスク対策ができるサービスに入っておくと安心です。

個人事業主であれば、副業の方でも利用できますよ。

4.契約書をしっかりと作っておく

業務を開始してからトラブルが起こらないように、あらかじめ契約書で約束事を決めておきましょう。

たとえば、以下のような項目を契約書に盛り込みます。

  • 修正は〇〇回まで。それ以上は追加請求
  • メッセージの返答は何時〜何時まで
  • 見積もりの半額を手付金。納品後にもう半額をいただく

その他、クライアントさんとの仕事がスムーズに進む内容であれば、相談の上で記載してOKです。

契約書・請求書をしっかりと作っておく|つらいクライアントワークを劇的に改善した4つの方法

僕は業務提携などで契約書を結ぶ際は、ある程度のテンプレートから必要に応じて調整している感じです。

全然難しく考えなくてOKですよ。

業務提携の際に使ったテンプレートは、以下で無料ダウンロードできるようにしました。
≫契約書テンプレート

閲覧のみ可能なGoogleドキュメントですので、コピーして使ってください\(^o^)/

また、契約書というとハンコが必要なイメージですが、NINJA SIGNという電子契約サービスを使えばめちゃめちゃ簡単です。

契約書をPDFにして、アップロードして、クライアントさん宛にNINJA SIGNで契約書を送るだけ。

クライアントさんがオンラインで署名したら、契約完了です。

NINJA SIGNには無料で使えるフリープランもありますので、とりあえず登録しておいて損はなしです。

クライアントワークにはメリットがたくさんある

クライアントワークに苦手意識がある人がいますが、個人的にはクライアントワークにたくさんのメリットがあるなと思っています。

やはり、クライアントさんに感謝してもらえるのは嬉しいですし、良い仕事をすれば紹介で次の仕事につながることも。

会社員しながら副業でめちゃめちゃ稼いでいる知り合いは、やはりクライアントワークをめちゃめちゃ楽しみながら働いています。

クライアントさんへの売上貢献を一番に考えていると言っていました。

僕自身も共感できるなと思うので、この記事を見てくれているあなたにも、クライアントワークの苦手意識を改善してがんばってほしいなと思っています。

しっかりと準備してつらいクライアントワークを抜け出そう

  • クライアントワークがつらくなる理由
    • 業務量と報酬が見合っていない
    • ルールがしっかりと決まっていない
    • 収入源がクライアントワークしかない
  • つらいクライアントワークを劇的に改善する4つの方法
    • 複数案件を抱える
    • 発信からの案件受注で相談される側になる
    • フリーランス向けの保険に入っておく
    • 契約書をしっかりと作っておく

クライアントワークでの問題は、人間関係の部分がおおいです。

だからこそ、依存量を減らす努力をすることが改善の近道になります。

これは、プライベートでも職場でも同じですね。

本記事では、フリーランスや副業で「依存量」を減らす・分散する方法を解説しました。

ここが本質部分になりますので、「依存量を減らす」をテーマに自分なりに改善方法を見つけていくのもOKです。

もし、自分なりのクライアントワークの楽しみ方を見つけれたら、ぜひ僕のTwitterまでお知らせください\(^o^)/

さいごまでご覧いただきありがとうございます!
定期的にブログの新着記事情報を受け取りませんか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

YUTAROUのアバター YUTAROU 副業Webマーケター

マーケティングとコードと筋トレが好きです。
都内のITベンチャー企業でデータ分析やABテストをしてバリバリのマーケターとして働きながら、副業でブログやWeb制作メンターをしている24歳です。このブログではビジネスマンのための、副業方法やビジネススキルを発信しています。

詳細なプロフィールはこちらの記事にまとめています
YUTAROUのプロフィール

クリックできる目次
閉じる