自分の理想のワークライフバランスを見つける


どうも、こんにちは。
友太郎(@yutarou_life)です。

先日こんなツイートをしました。

人生100年時代。終身雇用崩壊。AI。ベーシックインカム。

とにかく波乱の時代を生きているわけですが、凡人の僕たちが時代の流れを大きく変えることはむずかしいですよね。

そこでせめて、こんな時代に合わせて自分を自分で守らんといかんわけです。

その一環として「理想のワークライフバランス」について考えてみました。

自分の理想のワークライフバランスを見つける

ワークライフバランスとは、その名の通り「ワーク=仕事」と「ライフ=生活」のバランスのことです。

  • 仕事ばかりしていては生活がおろそかになってしまう
  • 好きな生活をしようとしても仕事なしではむずかしい

自分にとってこの二つの要素の最適なバランスを見つけ、大切にすることが人生の幸せにとても重要なことだと思っています。

偏りがちなバランス

例えば、バリバリに仕事をして、出世をして、年収1000万円!!

これはとても憧れますし、いつかは叶えてみたいことです。

しかし、下記の場合を考えないといけないなぁとも思います。

  • 年収1000万円だが、仕事が忙しくプライベートの時間がない
  • 年収500万円だが、定時に終わり週2日の休みがある

仕事に比重を置くほどお金は稼げるかもしれませんが、そのお金を好きに使えなかったり、使う時間がなかったら元も子もないですよね。

そのため、ワークライフバランスの観点から考えると後者の方を目指したいなと思っています。

FIREは一見良さそうだが

FIREって知っていますか?

FIRE(Financial Independence, Retire Early)は経済的自立と早期退職を目標とするライフスタイルのことでして、日本ならアーリーリタイアと言った方が浸透しているかもしれません。

具体的には労働から解放されるために、生活費の25倍の資産を形成することで達成なようです。
達成後はどの資産を切り崩しながら、ゆっくりと生きるみたいな感じですかね。

仕事をしなくて良くなるので、ワークライフバランスをかなり理想的にできそうです。

しかし、資産形成をしている段階ではかなりハードな節約と、高収入が必要なようです。

そんなハードな生活を20代と30代前半のうちは続けないとFIREの達成はできません。

これではせっかくの若い間をワークライフバランス無視で過ごさないといけなくなってしまいます。

僕は「60点ぐらいの生活を今から続けたい」という意識の低い目標がありますので、FIREをあきらめました。

ストレスが限りなく少ない生活が理想のワークライフバランスなのかもしれない

ワークライフバランスをこれだ!と決めるのはかなり難しいですが、一つなんとなくこれかな?と思える答えにたどり着きました。

それが「ストレスが限りなく少ない生活」です。

仕事でもストレスが少なければずっと続けたいですし、生活面でもストレスがないのがゴールかもしれません。

この時代ですので、嫌な人とは関わりを避け、嫌な情報はシャットアウトし、嫌な仕事は変えることができます。

あまり逃げすぎても「我慢がない!」と怒られるかもですが、現代人はがんばりすぎなのでもう少し肩の力を抜いてもいいかもですね。

僕もゆるくワークライフバランス大切に理想のストレスのない生活を目指すとします(‘ω’)