プログラミング初心者は毎日コードを書いていち早く慣れよう


どうも、こんにちは。
友太郎(@yutarou_sakai)です。

先日こんなツイートをしました。

プログラミング初心者がとにかく毎日コードを書くメリットは「コードを見慣れる」こと。自分のコードしかり、他人のコードしかり、多言語のコードしかり、コードを見慣れていると理解度が早いし「なんだこの暗号、、、」感も薄れる

このツイートの通りプログラミング初心者は、毎日コードを書いてプログラミングに触れるべきです。

学習を始めたけどいまいち進まない方は、この記事を読んで毎日少しでもプログラミングに触れることの大切さに気づいてくださいm(__)m

プログラミング初心者は毎日コードを書いていち早く慣れよう

  • 謎の暗号感が無くなる
  • 学習スピードが上がる
  • 作業スピードが上がる

初心者が毎日プログラミングに触れるメリットは、ザっと上記3つのポイントで説明します。

謎の暗号感が無くなる

英語の長文は文字の羅列にしか見えない

英語が苦手な人って、英語の長文を見ても何のことかさっぱりですよね。

ですが、何度も長文読解を練習していると、なんとなく文の構造が見えてくるようになります。

これをプログラミングにも適用して欲しいのです。

ただの暗号でしかないコードも、毎日触れているとなんとなくかたまりが見えてきて、謎の暗号感が無くなってきます。

初心者のうちは、いち早く謎の暗号感を無くすことで、次にあげるメリットを受けることができます。

学習スピードがあがる

コードの役割が見えやすくなる

コードを見慣れてくると、かたまりが見えてくるようになってきます。

そして、そのかたまりごとの関係性も見やすくなります。
これができるようになると、コードの役割が見やすくなり、初見のコードを理解するスピードが上がります。

そして、プログラミングは基本の動きを色んな言語で言い換えているだけなので(特徴はありますが)、コードのかたまりが見えるようになれば他言語の学習スピードも上がります。

言語の違いは、書き方と作法の違いだけだったりしますからね。

作業スピードが上がる

自分が理解しやすいようにコードを書く

コードに見慣れてくると、分かりやすいコードの特徴に気付くかと思います。

もちろん個人差はありますが、例えば下記のような感じです。

  • インデントをしっかりしている
  • 適切な改行をしている
  • 分かりやすい命名がされている

この辺りを自分が理解しやすいようにコードを書けるようになれば、ミスが減りますし、作業スピードも上がります。

また、他人のコードを自分が理解しやすいに調整できるのもいいですね。

人間は慣れると強い

はじめてのことは大変ですが、慣れるとかなり簡単になります。

”慣れ”を味方にすることで、案外びっくりするようなことも乗り越えられたりしますよね。

ただし、たまに悪い方向に行くこともあるので注意が必要ですが、、、

とはいえ、コードに慣れることは絶対にあなたのプラスになりますし、早ければ早いほどいいと思います。

ぜひ毎日少しでもコードを書いて、いち早く慣れましょう!