NoCodeサービスのGlideでアプリを作ってみました


どうも、こんにちは。
友太郎(@yutarou_life)です。

NoCodeサービスのGlideでアプリを作ってみました。

驚くほど簡単にできたので、ちょっとまとめます。

NoCodeサービスのGlideでアプリを作ってみました

簡単にまとめていくっ。

作ったもの

バイクが趣味なので、みんなで作るツーリングサポート地図アプリというコンセプトで「MOTO SPOT」というアプリを作りました。

>>MOTO SPOT→https://motospot.glideapp.io/
>>紹介ページ→みんなで作るツーリングサポート地図アプリ「MOTO SPOT」をリリースしました

機能としては。ジャンルごとに分けられた地図にお気に入りスポットを登録していくという感じです。

他のライダーのオススメスポットが知りたかったのと、ツーリングスポットに特化されたアプリが欲しかったから作ってみました。

使用サービス

どちらもコードを書かずに、簡単にアプリや自動化ができるサービスです。

Glideでアプリのほとんどを作り、Zapierでお問い合わせ機能をサポートしています。

もし、少しでもデータベースに触れたことがある方なら、Glideでけっこう複雑なシステムも組むことができると思います。

多少痒い所に手が届かない場面もありますが、基本的には大満足です。

制作期間

Glide童貞卒業から3日でリリースできました。

このスピード感で本格的なアプリを作れるということが、NoCodeの最大の強みだと思います。

他にも色々あるみたい

Glide以外にもNoCodeサービスはたくさんあるようですので、アイデアに適したサービスを使ってどんどん形にしていきたいです。

新しいアプリを作ったらまた報告記事を書きますね。