マーケティングの4P分析とは?4C分析との違いと実例を含めてご紹介

「マーケティングの4P分析ってなに? よく聞くんだけど、どうやって活用するの? できたら4P分析の事例もいくつか見てみたいなぁ」

そんな方に向けてこの記事を書きました。

どうも、こんにちは。
友太郎(@yutarou_sakai)です。

ビジネスをしていく上でマーケティングはとても重要で、「4P分析」と呼ばれるフレームワークの活用は欠かせないものになっています。

Web制作のフリーランスとして仕事を得ようとするとき以下のことも大事かなと

・製品:何を売るか
・価格:いくらで売るか
・流通:どこで売るか
・プロモーション:どうやって知ってもらうか

これからはマーケティング用語で4Pと呼ばれるもの。作れるだけでなく、しっかりと売っていく。

現代では「良い物はあたりまえ」になっており、「良い物を作っていれば勝手に売れる」時代ではなくなりました。

しっかりと「売るため」「届けるため」のマーケティングとして重要な4P分析を解説します。

マーケティングの4P分析とは?

マーケティングの4P分析とは?

マーケティングの4P分析は、以下4つの頭文字をとったものです。

  • Product(プロダクト:製品)
  • Price(プライス:価格)
  • Place(プレイス:どこで売るか)
  • Promotion(プロモーション:どうやって知ってもらうか)

これら4つの指標から商品・サービスの強み・特徴を可視化し、実際に行っていくマーケティング施策の選定を行っていきます。

4P分析を行うまでのマーケティングの流れは、【重要】マーケティング戦略とは?具体的な流れや方法を解説で紹介していますので熟読ください。

Product

何を売るか

自分の商品は何か。何を売ってお金を得るのか。

この商品で他者・他社と差別化ができ、わざわざあなたのことを選ぶ理由の一つにもなってきます。

もし、あなたがWeb系のフリーランスなら、自分が提供できるスキルを「商品化・パッケージ化」することでお客さんが仕事を頼みやすく、こちらとしても営業しやすい形を取ることができます。

エンジニアやデザイナーはなかなか「商品化・パッケージ化」が難しいですが、これをきっかけに小さい仕事が生まれれば、そこに提案する形で自分の本領を発揮できます。

Price

いくらで売るか

商品を考えた次は、「いくらで売るか」というのもとても重要になってきます。

すでに市場があるなら、他者・他社と比較し、お客さんが納得して自分の商品を選んでもらえるような価格設定が必要です。

しかし、売りたいからといって安売りするのは考えものです。

“安く”するのは気持ち的にも市場的にも売りやすくなりますが、利益があまり出ず経営困難に陥る可能性があります。

せっかく素晴らしいものを提供できていても、それを続けることができなければ意味がありません。

“安く”売るのはそれなり”戦略”を持って行う必要があります。

また、知識の差を利用して騙すように高値で売りつけるのもよくありません。一瞬は稼げるかもしれませんが、長く続くことは無く、すぐに廃れます。

仕事の単価を上げるなら、それ相応の付加価値を考えていきましょう。

Place

どこで売るか

どこで売るかも非常に重要です。

たぶん砂漠でうまい棒は売れないでしょうし(口がパサパサになる)、競合がひしめき合う環境ではかなり消耗するかもしれません。

もちろん上記で挑戦してもいいですが、僕たちフリーランスはもっと柔軟に戦うこともできます。

例えばシンプルに都会ではなく田舎で売る。企業にとっては市場が小さく参入しづらい場所でも、個人が稼ぐには十分かもしれません。

また、違う業界に輸入するのもいい方法です。

Web系なら、あまりWebが浸透してない業界に営業すれば芋づる式に案件を獲得できる可能性もあります。

Promotion

どうやって知ってもらうか

ここが一番重要で、これさえできていればスキルレベルが高くなくても十分稼げたりします。

フリーランスなら「営業」の部分ですね。

  • クラウドソーシングを使う
  • SNSから仕事をもらう
  • 直接営業する
  • 広告を出す
  • 紹介してもらう
  • 制作会社とパートナー契約をする

例えばWeb系のフリーランスなら、ざっと上記ような方法で仕事を得ることができると思います。この中(もしくはすべて)から自分にあった方法を使い、自分のことを知ってもらいましょう。

商品やサービスを売っているのなら、以下のようなPromotion方法があります。

  • SNSで告知する
  • SEOで知ってもらう
  • MEOで知ってもらう
  • ホームページで詳しく理解してもらう
  • チラシを配る
  • セミナーを開く
  • Web広告を出稿する

もちろん、オンラインサービスだけでなく、オフラインの飲食店なども同様です。

ぼくがコンサルに入らせていただいている飲食店さんでは、Instagramを活用したオープン前のマーケティング戦略でかなりの成果が出ています。

アカウント開設4日目で、「フォロー:8人 フォロワー:211人」という状況。

実店舗でも上手く4P分析を行い、WebでのPromotionを活用すると安定した立ち上げを実現できます。

もし、実店舗のIT導入・マーケ戦略のお悩みがあれば、ご相談はこちらからどうぞ。
≫Webマーケコンサルティング

4P分析と4C分析の違いは?

マーケティングの4C分析とは?

4P分析と似たような名前で「4C分析」というフレームワークがあります。

実はこの4C分析は、4P分析を「顧客視点」に見直したものです。

4P分析と4C分析の違いは?

そのため、4C分析と4P分析は対応関係にあり、お互いがお互いを補うような形で活用していきます。

4C分析だけでは自社目線の自分勝手な分析になってしまう恐れがあるため、4C分析で顧客目線で見直すことにより、カスタマーバリューをしっかりと意識できているマーケティングが可能になります。

駆け出しマーケター必見!マーケティングミックスとは?効果的な活用方法をご紹介

4P分析の活用事例は?

4P分析の活用事例として、ぼくがコンサルティングに入っている飲食店さんを例に挙げます。

  • Product:ジェラート
  • Price400円
  • Place:観光地・実店舗
  • Promotion:Instagram・ご近所さんへのポスティング

かなり簡潔ですが、ざっくり上記のような感じ。

ここからクロス分析で、色々と転用していきます。

Product×Price

今回のProductPriceの関係を見ると、だいたい相場ぐらいの価格で提供することが分かります。

Price×Place

観光地で400円というジェラートの相場ぐらいで販売するので、価格的には優位性があります。

観光地の実店舗なので、旅行客が多ければインバウンドの新規購入のみで回ります。

しかし、実店舗のランニングコストとコロナ禍という状況なので、アウトバウンド施策もしっかりと行い体力のある経営基盤を作ることが大切です。

Place×Promotion

体力のある経営基盤を作るために、リピーターを生む施策が重要になります。

もっとも、優良なリピーターとなりうるのは「ご近所さん」ですので、ここは足を使って地道に宣伝活動をしたり、オープン前の試食会としてご近所さんを無料でご招待をするイベントなどを行います。

また、中距離(ご近所さんの次に来てもらいやすい顧客)へのアプローチはInstagramを活用しています。

その地域に合ったハッシュタグを選定することで、SNSでも属性を絞ったフォロワーを獲得することが可能です。

Promotion×Product

スイーツ(ジェラート)を販売するので、Instagramを活用して女性に向けにて発信を行います。

Instagram 男女比率 実店舗マーケティング

男女比率が上図のようになり、ProductとPromotionの相性・仮設が噛み合っていることが分かります。

Instagram 年齢層 実店舗マーケティング

また、「インスタ映えスポット」を作成を検討するにあたり年齢層をチェックしたところ、20代後半〜30代の層が多いことが分かりました。

一見、「ジェラートのインスタ映えスポット」を作るとなると派手な装飾をしてしまいそうになりますが、年齢層をしっかりと把握することで「シンプルで和モダンなインスタ映えスポット」の作成を決断できました。

良いものは当たり前、しっかりと届けていく

  • マーケティングの4P分析とは?
    • Product
    • Price
    • Place
    • Promotion
  • 4P分析と4C分析の違いは?
    • 4P分析を顧客目線で見直したものが4C分析
  • 4P分析の活用事例は?
    • Product×Price
    • Price×Place
    • Place×Promotion
    • Promotion×Product

いくら家の中で最高の商品を量産しても、世の中に届けてなければ意味がありません。

マーケティングを活用して、良い物がそれを求める人のもとへ適切に届けばいいなと思っています。

また、この4P・4C分析をはじめとするマーケティングは、Webでも実店舗でも必要になります。どちらかのものではなく、どちらでも活用し掛け合わせることで、素晴らしい相乗効果が生まれてきます。

そして、この記事を読んでくださった方はお気づきかもですが、マーケティングはPromotionだけではありません。

商品開発から販売現場まで、すべてを一貫して行うことがマーケティングです。

そのため、ぼくがコンサルティングをしている店舗さんには、実際に店舗内での販売現場の視察を行ったりします。もしくは、その店舗の商品開発〜現場に精通している方のパートナーとなってサポートするようにしています。

あなたも「販促活動にしか目が向いていなかったな」と感じたら、ぜひ4P分析を行い、マーケティング全体の見直しをしてみてください。

このあたりはぼくもお手伝いさせていただくことができます。
≫Webマーケコンサルティング